【混ぜるだけで超簡単】バスチーことバスクチーズケーキを作ってみた

過去ブログ
スポンサーリンク

こんにちは!シティーガール東京です^^

シティーガール東京
シティーガール東京

お菓子作りは大好きだけど
できれば小麦粉は使いたくない!

そんな時、小麦粉を使用しない大人気のバスクチーズケーキを発見しました。

工程も混ぜるだけでとても簡単です。そして甘すぎなくて美味しい!!

(フランス在住の料理人えもじょわキュイジーヌさんのレシピで作りました。)

 

スポンサーリンク

バスクチーズケーキ

今回作ったバスクチーズケーキがこちら。

めっちゃ黒い(笑)

バスクチーズケーキとは、バスク地方で食されている、外側を黒く焦がしたチーズケーキです。

外はベイクドチーズケーキのようで、中はとろけるような口当たりです。

最近では大手コンビニエンスストアでもバスチーという名で販売されていますね。

今回作ったバスチーはコンビニのバスチーと比べると甘さ控えめで、とろみのある仕上がりとなりました。

 

材料

15㎝の型を使用

・クリームチーズ 270g

・グラニュー糖 70g

・卵 2個

・コンスターチ 4g

・バニラエッセンス 7滴

・生クリーム 130ml

 

作り方

クリームチーズ(270g)を室温に戻し

 

泡だて器で混ぜて柔らかくします。

 

そこにグラニュー糖(70g)を入れ混ぜます。

 

かなりもったりとしていきます。

 

もったりとした生地に卵(2個)を加え更に混ぜると

 

もったりからとろんに変わります。

 

そこにコンスターチ(4g)を入れて混ぜ

バニラエッセンス(7滴)を入れて混ぜ

 

生クリーム(130ml)を入れよく混ぜたら

 

生地の完成です。かなり水っぽい生地になります。

 

15㎝の型にくしゃくしゃにしたクッキングシートを引いて、そこに生地を流し入れます。

250度のオーブンで30分焼いたら、、

 

こんなに丸焦げになりました(笑)

焼き上がった時、成功なのか何なのか分からなかったんですが、これ大成功です。

 

このまま粗熱を取り、丸1日冷蔵庫で寝かせます。

寝かせたのがこちら。中央がしぼんできます。外側もしっかりと焦げ目がついていますね。

 

8等分に切り分けて完成です。

 

外はしっとりとギュっとつまった感じで、中はトロッとしています。

上の焦げは苦味があるので、チーズケーキの甘さを抑えてくれますし、エスプレッソのような苦味なので、コーヒー好きの方は特に好きなんじゃないかなと思います。

一見難しそうなバスクチーズケーキですが、混ぜるだけで焼き時間も長くないので、お菓子作り初心者さんでも簡単に作れると思います。

おうちでお手軽に作れますので、是非一度試してみていかがでしょうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました